サンタさんで いこう!心に灯すサンタの言ノ葉

ダイヤモンドセルフは喜びのモチベーションで愛と感謝の海を往く!

本当の自分に目覚めて喜びのモチベーションから願望を持つ

お金に愛される発想を知る!

santamind.hatenablog.jp

 

   「お金が欲しい」

        という気持ちは

 

  普通の人が、

    当たり前に持つ願望でしょう。

 

   しかし本当に

      お金が欲しいのなら、

 

  むしろその願望を

      見直す必要があるのです

 

    従来の成功法則のように、

 

    「願望を持ちましょう」

       と言われて、

  

   みんなが強い願望を持ったなら、

 

  いったいこの社会は、

     

    どうなっていくでしょうか?

 

   大国の元不動産王も

        半島の北の将軍様も

 

    それぞれ願望を持っています。

 

   またドロボーですら

     願望を持っているでしょう

 

     世間を騒がせた人たち、

  

  法に触れてまで会社を

    拡張しとうとした人達ですら、

 

    強い願望を持って

 

      いたことでしょう

 

 

自分が変われば相手も変わる!

santamind.hatenablog.jp

 

 

    願望が世の中を混乱させて

    

     地球環境を、

        破壊しているのです。

 

   願望と言うとほとんどが、

      自分にとって都合の良い、

 

     我欲になってしまいます

 

   そういった

      自己中心の願望を持つと、

 

    それが元で、

       いざこざが起こります。

 

      夫婦や親子にしても

 

  相手に対して、

   「女房はこうあるべきだ」とか、

   「子供に良い大学に入って欲しい」

 

    などという

       願望を強く持つと、

 

   その願望が元で身動きが

      取れなくなってしまいます

 

    それが離婚の原因になったり、

   

     子供のうつ病に

       結びついたりします。

 

    自己中心的な願望を持たれると、

 

     人は金縛りのように

        動けなくなってしまう

 

       ことがあるのです。

 

 

会社に期待しない!

santamind.hatenablog.jp


 

   仮に相手が望む願望に

       素直に合わせていったら、

 

    ロボットのように

       ( 社畜とも... )

       なってしまうでしょう

 

  社員が「社長はこうあるべきだ」

    という強い願望を持っていたら、

 

    社長の方針に

        従えなくなります。

 

       そうすると、

 

    その会社には

       いられなくなります

 

   また社長が、

     「社員はこうであるべきだ」

 

     という願望を持ちすぎると、

 

    社員からの独創的な新しい

       アイデアや知恵や個性を

 

     活かしきることが

        

       できなくなります

 

 

小欲を捨て大欲に立つ!

santamind.hatenablog.jp

 

       願望を持つことが、

 

   必ずしも悪いと

     言っているのではありません

 

    しかし願望を持てと言われたら、

 

   どうしても自己中心的な

       願望になってしまうのが、

 

       現実なのです

 

      そのことによって、

 

    まわりとの不調和を、

        生んでしまうのです

 

   確かに一時的にお金を、

      手にする人も出てきます。

 

     しかしそのことで、

 

   本来の自分のやるべきことを、

      見失う可能性が高いのです。

 

     永久不変にお金に愛される

       

    誠意という真心の力を

        働かせるためには、

 

   むしろ願望を一回、

 

     捨てることが必要なのです

 

 

人生を変えるダライ・ラマのメソッド公開

意識上昇を知る!

santamind.hatenablog.jp

 

   決して永遠に捨てなさいと

     言っているのではありません。

 

    本当の自分の真心が

      あふれ出してから持つ

 

     願望ならば、

 

       問題はないのです

   

   しかしエゴから来た願望は、

     捨てなければいけないのです。

 

    本当の自分に目覚めた願望と

  

     エゴ的な願望とは、

 

       全く違うのです

 

        たとえば、

 

   地球環境が良くなる願望や、

     自然の法則に沿うような願望、

  

    本当の自分に目覚める願望や

 

   まわりの人たちを

       幸せにできる自分になる

 

      願望を持つというのは、

 

    同じ願望でも

 

       願望の質が違うのです

 

    そういうレベルの願望に、

 

      なっていけば良いのです

 

 

スポンサーリンク
 

 

お金は人が運んで来る!

santamind.hatenablog.jp

 

    たとえば商売で言えば、

         ただ儲ける願望とか、

 

     ただお店をたくさん

        増やす願望ではなく、

 

     人の健康とか幸せとか

 

        喜びとか

 

  そういうものを多くの人に

    与える願望を持つということは、

 

       良いことです

 

   しかし実際には自己中心的な

      欲望を追いかけている人に、

 

    「人に喜ばれる

       願望に切り替えなさい」

 

     と言っても無理なのです

 

      やはり自分の願望が

 

     どうしても優先に

        なってしまいます。

 

        ですから、

 

    どうしても一度

       全ての願望を外さないと

 

       いけないのです。

 

 

大富豪の仕事術

喜びのモチベーションを知る!

santamind.hatenablog.jp

 

    そして真心から湧き上がる願望、

 

   喜びのモチベーションに

     スイッチを変えていくのです

 

    どういう願望を持つか以前に、

 

   あなた自身の価値観を

     変えなければいけないのです。

 

    本当の自分に目覚めてから

    

      願望を持つのです。

 

        たとえば

    臨死体験をしたような人は、

 

     あの世に行く時には

        お金も土地も財産も

 

   何も持っていけない

      ということを体験しますが、

 

       その時初めて、

 

     願望の質が変わるのです

 

 

仕事の本質を知る!

santamind.hatenablog.jp

 

   人間というのは、

      いつ死ぬか分かりません。

 

    持って行けないものの為に

       頑張っていても、

 

   ちょうど砂上の楼閣を

      築いているようなもので、

 

    まったく本質的なものを

       

       追っていないのです。

 

     願望を持っている限り

 

   本当のあなたの

        成功の姿は見えません。

 

     あなたの本質は見ません

 

  従来の成功法則の教えを捨て、

   一度願望を完全に手放した時から、

 

   あなたのお金に好かれる

     真の性質が出てくるのです

 

      あなたの願望の質を、

 

    一度見直して

 

       みれば良いのです

 

 

放つ愛で魂の喜びを与える!

santamind.hatenablog.jp


 

    本当の自分を最大限に活かし

 

   自分が喜ぶ願望ではなく、

    

    人を喜ばせる願望を持つのです

 

   本当の自分に目覚めて、

      

       魂の喜びを知る時に

 

    幸運と強運の

       持ち主になれるのです。

 

   喜びのモチベーションで

       愛と感謝の海を満たす時

 

     奇跡と豊饒の

         素晴らしい人生は、

 

      拓かれてゆくのです

 

 

       ☆サンタ営業メソッド☆ 

    ☆無料動画セミナーはコチラから!

 ☆成功事例と詳細の御確認はコチラから!

santambo お金に愛される秘訣

santamind.hatenablog.jpきっと誰の心の中にもサンタさんは います...